ED改善ナビ

ED改善法からEDジェネリック薬バイアグラ、レビトア、シアリスの比較・違いなども

EDの要因

年齢だけがEDの要因ではありません!!

40歳を重ねると身体能力の低下とともにEDになる割合は高くなります。40~50代の日本人男性の実に5割以上が EDの悩みを抱えていると言われています。加齢は、EDの原因の1つになりますが老化=EDではありません。最近は診断技術が進歩し歳のせいだけではないことがわかってきました。

日常の生活の中で、知らず知らずのうちにストレスをためていたり、不規則な食事を続けていたり、運動不足、お酒の飲みすぎ、喫煙など俗に言う「生活習慣病」が原因となって起こることが多いのです。(生活習慣病は年齢に関係なく発症します。特に糖尿病にかかる未成年が増加しています。EDと糖尿病は密接に関わっており、EDとの合併する率が高く、30%から60%となっています。)

1)心理的なストレスがある場合(機能性ED)

ストレスによる心理的・精神的圧迫感や、正常な感覚のゆがみが勃起力低下などが、勃起障害(ED)の症状を引き起こす要因の一つとなります。

2)血管、神経、内分泌環境などに障害がある場合(器質性ED)

・加齢
加齢による糖尿病、高血圧、高脂血症などの疾患の増加や、これらの治療の為に服用する降圧薬、抗うつ薬、血糖降下剤等も影響しています。

・生活習慣病
喫煙や糖尿病、心不全、高血圧、動脈硬化といったいわゆる生活習慣病がEDの発生に深く関連します。

・外科手術
勃起神経が病巣の近くにある場合、術後に勃起障害(ED)を引き起こすことがあります。予測される外科手術は、直腸癌、前立腺癌、膀胱癌などです。

・神経系の障害
勃起には神経系と血管系が正常に働くことが必要です。神経系、血管系の一方、もしくは両方に問題がある場合、EDの要因として考えられます。

・その他の要因
陰茎事態事態に障害があり、先天的に陰茎が曲がっている陰茎彎曲症や、後天的なペロニー病などが勃起障害(ED)の要因と言われています。

3)薬剤による場合

病気の治療ために投与された薬剤の影響で勃起障害(ED)になることもあります。また男性ホルモンを抑制・低下させる薬剤も要因の一つです。